発達障害の不安、心身症(心因性頭痛・腹痛、チック)に心理療法

発達障害・発育のお悩み、ご相談なら当小児科(伊丹市)へ

こころの病や困難は、からだの病気と同様、あるいはそれ以上に否定的に捉えられる傾向があるように思います。しかしながらそれらは、こころの豊かさよりも合理性や生産性が追求される現代社会において、自分自身のこころに向き合い、自分なりのあり方や生き方を見出していく機会になりえるのではないでしょうか。子どもたちのこころの健康や成長のために、心理学的な視点から援助させていただきたいと思います。

心理相談を希望される場合は、一度院長にご相談ください。

臨床心理士:上田 哲也 (うえだ てつや)

こころの診療

(こんなお子さんが対象です)
  • 心理的な要因により身体に症状がでているお子さん(頭痛、腹痛、嘔吐、場面性緘黙、難聴、チック、抜毛、頻尿、夜尿症、夜驚など)
  • 保育園・幼稚園や学校に行きにくいお子さん
  • 神経症的な問題を抱えるお子さん(特定ものを怖がる、不安感が強い、抑うつなど)
  • その他さまざまなこころの問題や悩みを抱えているお子さん
(治療の流れ)
写真:プレイセラピーイメージお子さんのこころや困難についてのアセスメント(心理査定)ののち、プレイセラピー(遊戯療法)という形で、主に遊びを通していろんな気持ちを表現し、自分のこころについて考える機会をもちます。
また、お子さんの困難の解決のためにはご家族の助けが必要ですので、保護者の方にも定期的にお子さんの日常の様子などをうかがいながら、お子さんの困難の解決に向けて一緒に取り組ませていただきます。
(本院で可能な心理療法)
  • プレイセラピー(遊戯療法):主に幼児~小学生
  • カウンセリング(言語面接):主に中学生

発達検査

発達が遅いお子さんの発達年齢や得意不得意分野を評価し、生活指導、育児指導を行います。

(本院で可能な検査)
  • 知能・発達検査(新版K式発達検査、WISC‐Ⅳ)
  • 人格検査(バウムテスト、HTPテストなど)
このページのトップへ